読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刈谷・高浜・安城・碧南のテンテニススクール

1ヶ月体験入校もできる!愛知県高浜市のテンテニススクール。刈谷、安城、知立、高浜、碧南、西尾、東浦、半田から通えます。支配人ブログです。

ボレーでは

こんにちは コーチの中島です。

ボレーでの質問があったのでお答えいたします。

「ボレーを打っていて、なかなかうまくラケットに当たりません どうしたらよいですか?」

ナイスな質問ですね。

私も経験があります。

ゆっくりなボールなら当てれるけど速い球を打たれると足がすくんで

全然ついていけなくなるんですね。

困ったものです。

まずは最大の難点は、恐怖心です。

ボレーは怖いんです。

速いボールが自分に向って飛んでくる中

正確に打ち返さなければいけない

恐怖心を打破するのは、とても難しい事です。

ではどうしましょうか。

そんな人にまずチェックしてほしい項目があります。

ボレー打球時、どこで打っていますか?

身体の正面? 斜め前? 横?

どこでしょうか?

恐怖なのは体の正面じゃないでしょうか?

でも実は、簡単なのも体の正面です。

相反していますね。。。

怖いけど簡単。。。。なぜ?

答えは人間の目の能力にあります。

人間の目は、正面に来たものをとらえる力が高く 遠くのものをとらえる力が低いということです。

なので  恐怖だが、簡単が正面付近

怖くないが、難しいのは横方向  となります。

実際にはグリップが正面では苦しい握り方(コンチネンタル)なので

多少は横方向ですが

ではではどうしたらよいか。。。。

答えは

怖くない球出しで、最初は身体の正面近くで練習し、徐々に遠くの練習をする。となります。

パートナーにお願いして、ゆっくりしたボールを手投げで投げてもらい

ゆっくり当てる練習を行い慣れてきたら、徐々に遠くに離しいきます。 

ここで覚えてほしいのは体から離してもボールが打てるという事実です。

後はその事実を知っているので、その離れた位置にラケットをセットしボールを待てる体勢を

バランスよく作れればOKです。

恐怖心に向かっていくのは大変です。

恐怖ならボールから逃げてください。

そしてそこで待っていてください。

離れた位置で正確にヒットできると思いますよ♪

広告を非表示にする